気になる病気と症状辞典

月経時の下腹部痛や腰痛、不正出血が現れる子宮内膜症

子宮の内側の壁をおおっている膜のことを子宮内膜といいます。子宮内膜は、毎月月経のサイクルに合わせて、増殖と剥離を繰り返しています。

子宮内膜症

子宮内膜症とは、子宮内膜とよく似た組織が、子宮の壁の中や卵巣など、子宮の内側の壁以外の場所で増殖する病気です。この組織は子宮内膜と同じく毎月増殖し、月経とともにはがれて出血します。ただし、卵巣で起こった場合は排出できないため、卵巣に毎月古い血液がたまり、チョコレート状になります。そのため、これを「卵巣チョコレート嚢腫」といいます。

子宮内膜症の症状
月経時の下腹部痛や腰痛、不正出血、下痢・便秘、性交痛などがあらわれます。
進行して臓器との癒着が起こると、不妊症の原因となったり、卵巣の中に血液がたまって卵巣嚢腫を引き起こしたりします。癒着がひどい場合には手術が必要になります。

子宮内膜症の診断
子宮内指診直腸指診で子宮の動きや腫瘤の有無を調べます。肥大した硬い子宮や圧痛、子宮頚部を動かしたときの痛みなどが認められれば、子宮内膜症の疑いがあります。加えて、超音波検査や子宮卵管造影、CT、MRIなどの画像診断を行ないます。

子宮内膜症が疑われた場合は、腹腔鏡検査を行ない診断を確定します。また、子宮内膜症なのか子宮がんなのかを鑑別するために、子宮細胞診や腫瘍マーカー(CA-125)などの検査で確認します。

子宮内膜症の治療
ホルモン療法と手術療法があります。ホルモン療法とは、ホルモン剤を使って、異常な場所で増殖した組織を小さくしたり、増殖を抑える治療法です。

手術療法では、子宮や卵巣の病巣部だけ切除する方法がよく用いられます。普通はホルモン療法で様子をみて、効果がみられない場合に手術を行ないます。
これらの治療法で効果がみられない場合は、子宮や卵巣を摘出する手術を行なうことがあります。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.