気になる病気と症状辞典

目の酷使や筋肉の過緊張、運動不足による血流障害、ストレスが原因

眼精疲労は、コンピューターや読書、自動車の運転などで、長時間連続して目を使うことによって目が疲れて、目の痛み、乾き、かすみなどさまざまな症状をきたす病気です。
ひどくなると、全身の強い疲労、頭痛、肩こり、吐き気などが起こることがあります。

VDT症候群にも注意しましょう

また近年では、コンピュータのディスプレイを長時間見ながら仕事をする人に起こる「VDT症候群(テクノストレス眼症)」が、新しい職業病として問題になっています。
VDTとはVisual Display Terminalの略語で、その名の通り、パソコンやワープロ、テレビゲームなどの端末を意味しています。

VDT症候群では、視線がディスプレイ、キーボード、書類の間を絶えず移動しているため、疲労がはげしくなります。目の疲れは、テレビを見ているのと比べものになりません。
画面を集中して見続けるため、まばたきの回数が減り、目が乾燥します。また、長時間同じ姿勢をとり続けるので、首、肩、腕などの痛みがでるほか、前立腺を圧迫するので慢性前立腺炎にもなりやすいので注意が必要です。

眼精疲労の原因
テレビやゲーム機、パソコンなどでの目の酷使や筋肉の過緊張、不適切な眼鏡やコンタクトレンズの使用、姿勢不良や運動不足による血流障害、ストレスなど様々です。これらが複雑に絡み合い、症状の進行をきたすのです。

また、かぜやインフルエンザ、更年期障害、自律神経失調症、虫歯や歯周病、耳や鼻の病気などで眼精疲労になることが多く、その他の病気でも眼精疲労が起こり得ます。

放っておくと、目の奥が痛い、かすむ、充血する、目が乾くといった症状以外にも、ピントを調節する毛様体筋の過緊張で近視が進んだり、目を動かす外眼筋の過緊張で眼圧があがって緑内障が進行したりしやすくなったり、中心性漿液性網脈絡膜症などのストレスからくる目の病気、老化に伴う白内障加齢性黄斑変性症などの病気も進行しやすくなるといわれています。
また、肩こり・頭痛・吐き気といった身体の症状、イライラやうつ病などの心の症状をきたすことも少なくありません。

眼精疲労の症状
目の奥が痛む、目がかすむ、物が二重に見える、目が充血する、まぶしい、涙が出るなどの目の疲れのほか、頭痛や頭重、肩こり、めまい、吐き気、胃の不調などを伴うケースも多くみられます。

身体面のみならず、ちょっとしたことで怒ったり、イライラしたり、逆にうつ的な症状が出ることもあります。交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかず、ぐっすり眠れなくなったりと、精神的にも不安定な状態に陥りやすくなります。

眼精疲労の検査
視力検査視野検査、眼底検査、眼圧検査、屈折および調節検査、眼位、眼球運動の検査のほかに、前眼部(角膜、虹彩、前房、水晶体)の異常の有無や涙液分泌の検査なども行われます。

目にこれといった異常がない場合は、全身的疾患が隠れていないかどうかを診るために、循環器や消化器の検査、ときにはCTやMRIを使った画像診断が必要なこともあります。

眼精疲労の治療
検査の結果、慢性結膜炎、緑内障糖尿病性網膜症などにより眼球内の組織が侵されているなら、その治療をしなければなりません。全身疾患の影響で視力が落ちている場合も同様です。

心身症や心因性の疾患により眼精疲労がおこっている場合は、精神安定剤などを処方されることもあります。眼鏡が合っていない、近視、乱視、遠視、老眼で焦点が正しく結ばれていないために目が疲れるなど、原因がはっきりしているなら眼鏡を調節するか、眼鏡をつくります。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.