気になる病気と症状辞典

膀胱に本来備わっている尿の逆流を防ぐ機能が障害される病気

膀胱の尿はふつうは逆流を防止する機能があるので逆流しませんが、機能が障害を起こすと尿が尿管や腎盂に逆流してしまいます。この現象を膀胱尿管逆流といいます。

発熱や腰痛、尿の混濁が現れます

膀胱尿管逆流の原因
最も多い原因は、尿管の走行を維持する平滑筋が弱く、膀胱内の尿管が通常の長さに発達できなかったためで、これは先天的なものです。
後天的なものは、前立腺肥大症、神経因性膀胱症が原因となる場合もあります。

膀胱尿管逆流の症状
この病気自体の症状はありませんが、膀胱に細菌が感染すると膀胱炎から腎盂腎炎を発症し、発熱や腰痛、尿の混濁、排尿時の痛みなどを生じてきます。

膀胱尿管逆流の診断
検査は超音波・CT検査、静脈性腎盂造影を行い、最終的には膀胱造影を行います。膀胱内に造影剤を注入して、臥位・立位・排尿時にX線透視下で、逆流のタイミングを観察しながら撮影します。この際に尿路感染がある場合には、抗菌薬で十分治療してから検査します(腎盂腎炎を併発するおそれがあるため)。可能であれば、膀胱鏡による膀胱三角部・尿管口の観察を行います。

膀胱尿管逆流の治療
先天的なものは成長とともに治ることがありますので、経過観察が必要です。治らない場合は逆流防止手術を行ないます。手術方法にはいろいろありますが、尿管を膀胱粘膜下にはわせる粘膜下トンネルを作成して逆流を防止することが基本になります。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.