気になる病気と症状辞典

目頭側の結膜から角膜にかけて、赤みを帯びた膜が広がる

翼状片とは、目頭側の結膜から角膜にかけて、赤みを帯びて盛り上がった膜が広がってくる病気です。三角形で翼のように見えることからこの名があります。50歳以降の中高齢者に多くみられます。

翼状片

最初はあまり気になりませんが、疲労が重なるとゴロゴロした感じがします。翼状片が広がって瞳孔まで覆うと、視力が低下することがあります。
また、目の外傷や熱傷、化学眼外傷、角膜潰瘍などの回復過程で、翼状片に似た病状が出現することがあります。これを偽翼状片と呼びます。治療は翼状片に準じて行われます。

翼状片の原因
紫外線を長年浴び続けていたり、ゴミや煤煙などが目に入りやすい環境にいるとかかりやすくなります。

翼状片の治療
翼状片自体は悪性の組織ではなく、症状がなければ放置しても問題はないのですが、充血や異物感が強くなってくれば点眼などの治療を行います。

翼の部分が伸びすぎると視力に障害がおきますから、手術をして取り除きますが、初期のうちに手術すると極めて再発しやすくなりますので厄介です。再発のたびに手術すると、球結膜が足りなくなって目に障害を起こす場合もあります。
また、再発しやすい病気ですので、手術をしてからも薬などで予防していきます。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.