気になる病気と症状辞典

リンパ節、脾臓、扁桃などの細胞が悪性化して増殖する悪性リンパ腫

リンパ組織は身体に入る異物を排除する働きをしますが、このリンパ組織を構成しているリンパ節、脾臓、扁桃などの細胞が悪性のものになって、無制限に増殖するものが悪性リンパ腫です。白血病と並んで、代表的な血液のがんです。
悪性リンパ腫には、細胞肉腫、リンパ肉腫、ホジキン病などが含まれます。

悪性リンパ腫の原因
一部のリンパ腫にはウイルスが関係している場合があることがわかっています。また、慢性甲状腺炎や結核性胸膜炎などのあとにも発症することがあり、慢性的な炎症による刺激も原因のひとつと考えられています。

悪性リンパ腫の症状
リンパ節のある頚部、脇の下、太もものつけ根などが腫れますが、通常は痛みはありません。全身にがんが広がると発熱や体重減少、寝汗、倦怠感などの症状が現れてきます。

悪性リンパ腫の診断
首筋や足の付け根のリンパ節が腫れてきますが、それらのリンパ節を切除して組織検査を行なって診断を確定します。また、病変の範囲を調べるために、骨のX線検査やCT検査、超音波検査、骨髄検査などを行ないます。

悪性リンパ腫の治療
転移(がん細胞がほかの臓器に移って、そこでも増殖すること)がない場合は、放射線療法を中心に行ないます。全身に転移がみられる場合は、抗がん剤などを用いた化学療法を行ないます。
悪性の病気で治療後の経過ははかばかしくありませんが、悪性度や治療開始時期によっては、治癒の可能性も十分にあります。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.