気になる病気と症状辞典

倦怠感や頭痛、肩こり、動悸、のぼせなどの症状が現れます

女性の性成熟期(生殖期)から老年期(非生殖期)への移行過渡期のことを更年期といい、その時期におこる精神的、肉体的なさまざまな症状のことを更年期障害といいます。

焦らずにゆっくりと治しましょう

更年期障害の原因
更年期はだいたい40歳代半ばくらいに迎え、50歳代半ばくらいまで続くというのが一般的です。そして、その途中で閉経を迎えますが、閉経の平均年齢は50歳くらいです。ただし、早い人で40歳くらいと個人差があります。

更年期に入ると卵巣のはたらきが低下し、月経不順、月経血の減少あるいは増加、時には不正出血がおこり、やがて閉経を迎えます。
これは、卵巣の老化によって、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が減少、消失するためで、エストロゲンの減少は視床下部の性中枢に作用し、その近くの自律神経中枢への影響によって自律神経失調症が起こります。

また、ストレスも大きく関わっています。この時期は、老親の介護や老後の不安、あるいは子供の独立による家庭環境の変化、定年を迎えて家に居ることが多くなった夫との不和(亭主元気で留守がいい)、体力の衰えなどが重なるときでもあり、それらがストレスとなって症状を引き起こすこともあります。

更年期障害の症状
倦怠感や頭痛、肩こり、腰痛、動悸などのほか、顔面紅潮やのぼせ、物忘れ、不眠など症状の現れ方はさまざまです。これらの症状は検査を受けても異常がはっきりと現れないことの多い、いわゆる不定愁訴(ふていしゅうそ)です。

いずれの症状も、健康なときであればなんでもないようなトラブルが原因で現れ、数日間続くといつの間にか治るというパターンがほとんどです。
これが1〜2ヶ月の間隔をおいて繰り返して現れ、次第に症状の出ている期間が長くなります。
そして5年くらい、こうした状態が続いたあと、自然に治ってしまうのが一般的です。

更年期障害の治療
更年期に入ると卵巣の機能が衰えるために、月経不順や月経血の増減、ときには不正出血が起こりますが、これらの症状が本当に更年期にともなう変調なのかどうかを見極める必要があります。
月経異常は子宮がん子宮筋腫など、ほかの婦人家系の病気にも見られる症状だからです。
また、更年期障害の不定愁訴も、神経病やうつ病など他の病気の可能性もあるので、きちんと検査を受ける必要があります。

月経不順や不定愁訴が更年期によるものであって、生活に支障を与えない程度であれば、内分泌系の安定とともに収まるので治療の必要はありません。
症状が重く、生活や仕事に影響を与えるようであれば治療を行ないます。

代表的な治療法はホルモン療法と呼ばれるものです。ホルモン療法には卵巣ホルモン(エストロゲン)を補充する療法と、男女混合ホルモン(エストロゲンとアンドロゲン)を補充する療法があります。これは卵巣のはたらきが衰え、その影響によって自律神経の機能が乱れて起こる自律神経失調症を改善する治療法です。

卵胞ホルモン(エストロゲン)療法というのは、更年期前には保たれてきたエストロゲンが老化にともなって減少・消失していくのを補い、血中の卵胞ホルモンの濃度が低下するのを防ぐ療法です。
また、男女混合ホルモンによる治療法は、不定愁訴の中でも特に頭痛や肩こり、腰痛、疲労などに効き目があるとされています。

現在、盛んに行なわれているのはホルモン補充療法といわれるもので、これは少量の卵胞ホルモンを長期間投与する方法で、かなりの効果があります。
ホルモン補充療法によって更年期障害の種々の症状の改善のほかにも、高脂血症動脈硬化、骨粗しょう症の予防にも役立ちます。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.