気になる病気と症状辞典

自覚症状が乏しいため、便潜血反応などによる早期発見が重要

直腸がんとは、大腸のうちの直腸にできるがんのことです。小腸にできるがんは珍しいのですが、大腸にできるがんは最近になって急増し、この10年で2倍となっています。これは日本人の食事の欧米化が深く関係し、肉や脂肪を多くとるようになったことが原因とされています。

直腸がん

大腸も胃と同じように、組織がいくつかの層から成り立っており、がんもいくつかの種類があります。大腸の組織は内側から外側に向かって粘膜、粘膜筋板となり、一番外側の漿膜にいたっています。
がんが粘膜や、そのすぐ下にある粘膜下組織にある場合は早期がんで、それより外側にできているのが進行がんです。進行がんは特に直腸とS状結腸によくみられます。

直腸がんの症状
早期がんではほとんど自覚症状はありませんが、進行すると便が黒色になったり出血があります。
痔の出血と間違われやすいのですが、痔の場合は便の表面にだけ血がついていることが多いのに対し、直腸がんでは便に血が含まれている状態が多くなります。

また、最初は下痢が続きますが、やがて便秘と下痢を交互に繰り返したり、腸が腫瘍で狭くなってくると、便そのものが細くなったり、便秘したりします。さらに貧血や体重減少、腹部膨満などが起こることもあります。

直腸がんの診断
直腸がんは、早期であればほぼ100%完治します。ただ一般的に自覚症状が乏しいため、症状のないうちに発見することが重要です。主な検査としては、次のような検査があげられます。

便潜血反応
いわゆる検便で、地域や職域で行なわれるスクリーニング(ふるいわけ)検査として定着しています。食事制限もなく簡単に受けられます。

直腸指診
医師が肛門から直腸に指を挿入してがんの有無を調べる検査です。大腸がん検査の中で最も手軽に行なえる検査ですが、直腸がんの約2/3が発見可能といわれています。

注腸X線造影
下部消化管内視鏡検査と並び、確定診断のために欠かせない検査です。便を完全に排出しないと制度の高い検査ができないため、胃の検査などに比べれば多少負担のかかる検査といえます。

下部消化管内視鏡検査
検査を受けながら、テレビに映る腸の様子を見ながら医師の説明を聞くことができます。
粘膜の微妙な色調の変化や、微小なポリープまで発見することができるばかりでなく、ポリープの切除も可能で、注腸X線検査よりも精度の有用な高い診断方法です。

症状がなくても便潜血反応で陽性(+)の場合は注腸X線造影検査や下部消化管内視鏡検査が行われます。ポリープがあれば、内視鏡でポリープ全体または一部を採取する組織検査が行なわれ、良性か悪性かが診断されます。
またX線検査や内視鏡検査で進行がんが疑われ、組織検査で証明されれば手術となります。

直腸がんの治療
原則としてがんを切除する手術が行われます。肛門近くの早期がんは、肛門側から切除しますが、肛門側からの手術が難しい場合は開腹手術を行ないます。

がんの浸潤が疑われる部位はできるかぎり切除します。直腸とともに肛門も切り取らなければならないケースもあります。切除後は、残された直腸と結腸、あるいは結腸と肛門管をつなぐ手術が行われます。肛門括約筋を含めて切除した場合は、ストーマ(人工肛門)をつけます。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.