気になる病気と症状辞典

がん化した形質細胞が骨髄内で骨を破壊しながら増殖する病気

骨髄の中には白血球の一種である形質細胞があって免疫の抗体を作り出していますが、この形質細胞ががん化すると骨髄腫細胞と呼ばれるものになり、無制限に増殖します。
そうなると正常な抗体を減少させて感染しやすくなり、骨髄で作られる血液も減少してしまいます。

多発性骨髄腫

多発性骨髄腫の症状
がん化した形質細胞が骨髄内で、周りの骨を破壊しながら増殖するため、背中や腰に痛みがあったり、わずかな力を加えただけで骨折(とくに胸椎や腰椎の圧迫骨折)が起きやすくなります。
そのほか、造血機能に障害が生じて、倦怠感や動悸などの貧血症状が現れたり、出血がおきやすくなったり、原因不明の発熱もみられます。

多発性骨髄腫の診断
骨髄検査により骨髄中に10%異常の形質細胞が確認され、抹消血(静脈血)中に500/ml以上の形質細胞があり、さらに血液中にMたん白、高度の骨粗しょう症、多量の尿たん白などがあると、多発性骨髄腫と診断されます。
また、全身骨シンチグラフィーによって疾患部位の判定が行われます。

多発性骨髄腫の治療
抗悪性腫瘍薬を用いた化学療法のほか、腫瘍が局部の場合は放射線療法が用いられます。形質細胞腫の腫瘍が狭い範囲に限られているときや脾腫があるときは、手術で摘出します。
完全な治癒は難しいですが、適切な治療を行なえば、長期にわたり、普通の生活を送ることができます。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.