気になる病気と症状辞典

前立腺に発生する悪性腫瘍で、血液のPSA検査による早期発見が重要

前立腺がんは、前立腺の領域のうち、尿道に対して外側に悪性の腫瘍性病変が発生する病気で、男性ホルモンによってがんの成長が促進されます。
原因ははっきりとわかっていませんが、50歳以上の男性に多いので、老化かが関与していると考えられています。

早期がん以外は完全な治療は困難ですが、進行が比較的緩やかなので、治療さえすれば、しばらくは日常生活に支障のない場合が多いものがほとんどです。

前立腺がんの症状
初期は無症状ですから、血液のPSA検査による早期発見が重要です。次第に尿に勢いがなくなって時間がかかるようになり、頻尿や排尿時の痛みなど、前立腺肥大症とよく似た自覚症状が現れます。進行すると急に尿が出なくなったり(尿閉)、目で見てわかる血尿が出たりします。

肺や骨に転移しやすく、進行(転移)した症例では、これらのがんの症状(咳や腰痛)が出て、初めて前立腺がんとわかる場合があります。

前立腺がんの診断
血液生化学検査や腫瘍マーカーで前立腺のがんが疑われると、尿道・膀胱造影検査や前立腺の超音波検査やCT検査などの画像診断が行われます。
さらに直腸指診(直腸内触診)で前立腺の大きさや硬さなどを確認するとともに、組織検査を行なっても最終的に診断を画定します。

前立腺がんの治療
病態によって、手術療法、内分泌療法、放射線療法のどれが有効かどうかを決定します。
年齢が70歳以下で、初期であれば、前立腺の全摘出手術を行なう場合が多くなっています。前立腺と精嚢腺を摘出するので、術後は受精は不可能ですが、再発を高い確率で防ぐことができます。

手術不適応や高齢者、進行例では、放射線療法や男性ホルモンに対抗する治療薬を使った内分泌療法などが行われます。これらの治療で効果がない場合は、抗悪性腫瘍薬による治療も行ないます。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.