気になる病気と症状辞典

自律神経の調節が円滑にいかず、動悸や息切れ、発汗などが現れる病気

われわれの心臓や内臓は休みなく働いていますが、その作業は脳の指示によって行なわれているわけではなく、交感神経と副交感神経 からなる自律神経によって調節されています。
自律神経失調症とは、その自律神経の調節が円滑にいかなくなって、さまざまな症状が現れる病気です。男女ともに起こるもので、発症する年齢も赤ちゃんから高齢者までと幅広くなっています。

ストレスをケアすることが大切です

自律神経失調症の原因
圧倒的に多いのは、心理的・社会的ストレス、不規則な生活習慣、ホルモンの分泌異常などが自律神経に影響を及ぼし、交感神経と副交感神経のバランスが乱れて身体に変調をきたす心身症タイプです。

自律神経失調症の症状
体がだるい、疲れやすい、動悸がする、胃が重い、よく眠れない、頭が痛いといった不定愁訴がありながら、検査をしても病気や異常が認められない場合に、よく自律神経失調症と診断されます。
しかし実際には、自律神経の障害が原因ではなく、神経症やうつ病による結果であることがあります。

病気としての自律神経失調症は、おもに脊髄小脳変性症などのように自律神経がおかされて、組織などに異常が発生するものと、先天的に自律神経系に障害がある場合を指します。
症状としては、どちらも発汗や体温の調節不能、性欲減退、低血圧、失神発作、夜尿、失禁などがあげられます。

なお自律神経系の病気には、特に原因が見つからないまま局所的な自律神経障害があらわれる特殊な病気があります。レイノー病や、皮膚や皮下組織にむくみがあらわれるクインケ浮腫、多汗症などがその代表です。

自律神経失調症の治療
心理的な要素が大きく関わっているため、薬物療法(自律神経調節薬、抗不安薬、抗うつ薬など)で症状をある程度安定させ、続いて心の問題を解決するための心理療法やカウンセリングが行われます。
睡眠時間と食事を一定にして生活リズムを整える、無理を重ねないで適度に休養をとるなど、日常の心がけで症状が改善することも少なくありません。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.