気になる病気と症状辞典

糖尿病性網膜症は早期治療を行わないと、視力を元に戻せません

糖尿病性網膜症とは、糖尿病の3大合併症の一つで、目のフィルムにあたる網膜の血管に障害が起こる病気です。初期の頃には自覚症状はほとんどありませんが、症状が進むに連れて目の前に蚊が飛んでいるような感じがします。
また、網膜の血管に大量の出血があると目の前が真っ赤になったと感じることがあります。
このほか、視野が欠けていると感じることがあったり、最悪の事態では失明することもあります。

進行すると視野欠損につながります

糖尿病性網膜症の原因
糖尿病により血管の障害が原因です。糖尿病になると網膜の毛細血管がもろくなり、出血や血栓(血の塊)ができやすくなります。血管に出血や血栓があると、そこから先の網膜には血液の流れが悪くなります。

血液には各組織に酸素や栄養を運ぶはたらきがありますから、血液の流れが悪くなった網膜は酸素や栄養の不足状態におちいります。このとき、その不足を補おうとして新しい血管(新生血管)ができますが、この血管は非常にもろいため、出血を起こしたり、血液の水分が漏れ出したりしてしまうのです。
それによって飛蚊症や視力低下を起こしますが、さらに出血を繰り返すと、網膜上に増殖組織が生まれて網膜を無理矢理引っ張り、網膜剥離の原因にもなります。

糖尿病性網膜症の症状
初期の段階ではとくに自覚症状はありませんが、進行すると黄斑部に異常をきたし、ものがゆがんで見えたり、ぼんやりと見えるようになります。重症化すると失明に至ります。

糖尿病性網膜症の治療
糖尿病を早いうちに発見して、医師の適切な治療と指示を受けることが大切です。早い時期に治療を開始しないと、視力を元に戻すことはできません。食事療法や運動療法などで血圧や血糖を正常にしましょう。

もしも糖尿病であることがわかったら、定期的な眼底検査を受け、光凝固(病巣にレーザー光線を当て、その部分を凝固させて病変を軽くする)などの処置を受けます。
また、内服薬の飲みすぎやインスリン注射によって低血糖になると、網膜症を悪化させることにもなるので、糖尿病の治療は医師の指示によって正しくするように心がけましょう。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.