気になる病気と症状辞典

亀頭や包皮が炎症を起こして、赤く腫れたり、かゆみがでる病気

亀頭包皮炎とは、亀頭や包皮が炎症を起こして、赤く腫れたりただれたり、かゆみがでる病気です。膿がたまったり排尿時に強い痛みがある場合もあります。
小児や包茎の人のように、亀頭が露出してない場合にかかりやすくなります。

デリケートな部分は清潔に保ちましょう

亀頭包皮炎の原因
亀頭や包皮を不潔にしていたり、恥垢(亀頭と包皮の隙間にたまるあか)がたまっていると、細菌が繁殖して感染しやすくなります。また、小児や包茎の人は恥垢がたまりやすく、亀頭包皮炎を発症しやすくなりますので注意が必要です。

亀頭包皮炎の治療
抗菌薬の内服や塗り薬で治療します。いったん治っても繰り返す場合があるので、予防として仮性包茎の場合は入浴時に包皮を押し下げ、ぬるま湯で軽く洗って恥垢をためないようにしましょう。
思春期以降の真性包茎や仮性包茎でこの病気の再発を繰り返す場合は、早めの手術を検討します。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.