気になる病気と症状辞典

膵液の消化酵素が膵臓の細胞を消化してしまい、膵臓が線維化して硬くなる

慢性膵炎とは、膵臓の実質細胞の反復あるいは持続的な壊死、脱落と炎症、膵管周囲の線維化にともなって、膵臓が硬化して、膵液や酵素の分泌作用が低下する病気です。
膵液の分泌機能が低下し、進行すると膵臓全体が萎縮して、糖尿病になることもあります。

慢性膵炎

慢性膵炎の原因
アルコールによるものが大きな比重を占めています。また、アルコール性膵炎の場合は膵石を形成することが多く、それが慢性膵炎を進行させます。

慢性膵炎の症状
初期の症状ではほとんどの人が上腹部の痛みを訴えます。痛みはみぞおち部、左あばら部、背部、腰部にも広がり、激痛を感じるようになります。それに伴って吐き気、食欲不振、腹部が張る感じ、悪心、嘔吐、下痢、といった症状がみられ、発熱や体重減少、なども現れてきます。さらにインスリン分泌が悪くなり、糖尿病になることがあります。

慢性膵炎の診断と治療
最も簡単な診断方法は血中アミラーゼ値の測定です。近年は、トリプシン、リパーゼ、エラスターゼ1などの酵素も測定し、また、超音波検査やCTスキャンなどにおって膵臓の形態が診断できるので、より確実な診断ができるようになりました。
さらに、内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)という、十二指腸ファイバースコープを通して膵管に造影剤を注入する検査は、慢性膵炎の診断には欠かせません。

治療にあたっては、脂肪を制限した食生活に変え、鎮痛薬や消化酵素薬、タンパク分解酵素阻害剤などを服用して、症状を緩和させます。飲酒は症状を悪化させるので、禁酒にも努めます。

痛みが起こるときは食べ物を控え、水分の補給だけにして膵臓の機能の安静を図ることが大切です。症状が進行して、糖尿病を合併した場合は、食事療法と併せてインスリン注射が必要となります。

食事療法のポイント
脂肪をひかえる
急性だけでなく、慢性膵炎でも脂肪が急性膵炎発作を促すためひかえる必要があります。

高タンパク低脂肪の食事を心がける
タンパク質は膵臓の機能回復に有効ですから、脂肪の少ない良質なタンパクを、卵や乳製品、肉、魚、豆類からとりましょう。

ビタミン、ミネラルをとる
膵臓にはビタミンとミネラルが有効です。野菜や果実を多くとるようにしましょう。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.