気になる病気と症状辞典

コルチゾールの過剰分泌で、顔が丸く膨らむなどの症状が出ます

クッシング症候群とは、副腎皮質ホルモンのひとつで、血糖上昇作用、タンパク質の合成・分解促進作用、あるいは抗炎症・免疫抑制作用などのはたらきがあるコルチゾールの分泌が慢性的に過剰になる病気です。

過剰になる原因としては、副腎に腫瘍の一種である腺腫ができたり、脳下垂体の腺腫あるいは悪性腫瘍による副腎皮質刺激ホルモンの過剰産生により、副腎皮質刺激ホルモンが過剰分泌されるものがあります。

クッシング症候群の症状
おもな症状としては、ムーンフェイス(満月様顔貌)といって、顔に脂肪が付いてまん丸になります。身体も肥満になっていきますが、手足は細いままで、胸や腹が太ります(中心性肥満)。

筋肉が萎縮して筋力が低下し、骨ももろくなるため、ちょっとしたことで骨折しやすくなります。
また、皮下出血が起こりやすくなり、性欲がなくなります。高血圧糖尿病骨粗鬆症を合併することもあります。

クッシング症候群の治療
重症になりやすいので、治療は早ければ早いほどよい病気です。一般的には、鼻から内視鏡を挿入し、鼻の奥の骨を除去して腫瘍を摘出する手術を行ないます。腫瘍摘出後は、下垂体機能が一時的に低下し、コルチゾールが不足状態になるので、糖質コルチコイドなどで補います。

副腎の腫瘍が原因の場合も、腫瘍の摘出手術を行ない、その後一時的に低下する副腎機能を補うために糖質コルチコイドを服用します。そのほか、放射線治療や副腎皮質ホルモンや副腎皮質刺激ホルモンの抑制剤を使った治療を行なうこともあります。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.