気になる病気と症状辞典

進行すると心臓や肺を圧迫し、咳や痰、呼吸困難、激しい動悸なども現れます

胸膜炎とは、肺の表面を覆っている胸膜が炎症が起こす病気です。単独で発症することはほとんどなく、肺炎や肺結核肺がんなどの肺疾患がもとなって起こります。
胸膜に炎症が起こると、胸膜腔に水がどんどんたまって、発熱や胸痛、咳、息切れなどが起こってきます。増えた水を胸水といいますが、胸水が多くなると、呼吸困難をきたすこともあります。

胸膜炎

胸膜炎の原因
肺炎や肺結核、肺がんなどをすでに発病しており、腫瘍や炎症が胸膜を刺激することで起こります。
肺疾患だけでなく、肝硬変心不全、石綿(アスベスト)など、胸膜を刺激するものによって起こる場合もあります。

胸膜炎の症状
痛みがないこともありますが、普通は胸痛を感じます。胸水が増えると胸膜腔が膨らんで心臓や肺を圧迫し、咳、痰、呼吸困難、激しい動悸などの症状が現れ、発熱や悪寒、全身倦怠感といった症状も出てきます。

胸膜炎の治療
肺炎に随伴する胸膜炎では有効な抗生剤の投与を行ない、結核性では抗結核剤の投与を行ないます。
胸水の貯留が多い場合には、持続的に胸水を排除するために、胸腔にチューブを入れる胸腔ドレナージを行ないます。悪性の場合は胸腔内に抗がん剤を中注する場合もあります。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.