気になる病気と症状辞典

子宮や卵巣などの骨盤内の臓器を覆っている骨盤腹膜に炎症が起こる病気

骨盤腹膜炎とは、子宮や卵巣などの骨盤内の臓器を覆っている骨盤腹膜に炎症が起こる病気です。悪寒とともに、38〜40度の高熱が出て、じっとしていても下腹部が痛みます。吐き気や嘔吐、下痢や便秘をともなうこともあります。また、下腹部を触ると、腹壁が緊張して固くなっています。
悪化すると、卵管や卵巣、子宮と腸管などが癒着して、その隙間に膿瘍ができることもあります。

激しい下腹部痛が特徴です

骨盤腹膜炎の原因
大腸菌、ブドウ球菌、連鎖球菌などの細菌感染が原因ですが、大半は卵巣や卵管の炎症が広がることで起こります。特に、分娩後は卵巣炎や卵管炎になりやすいので注意が必要です。
また、虫垂炎で虫垂に穴が開いたときや、開腹手術後の感染によっても起こる場合があります。
子宮腔内にIUD(子宮内避妊器具)が入っている場合も、性感染症を増強し、骨盤腹膜炎を起こしやすいとされています。

骨盤腹膜炎の症状
激しい下腹部痛があり、高熱や寒気、震え、吐き気、下痢、便秘などをともないます。
またいったん治まったても、慢性期には癒着などが原因で下腹部のひきつりや鈍痛、腰痛などがみられます。

骨盤腹膜炎の治療
炎症は、適切な抗生物質を使用することによって治りますが、卵管の閉塞や癒着などが起こって不妊症になることがあります。薬で治らない場合は、膿瘍を切開する手術が行われます。
予防としては、不潔な性交を慎むことや、卵管炎や子宮内膜炎が起きた場合には、早めに抗生物質による治療を受けることが大切です。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.