気になる病気と症状辞典

膵液の消化酵素が膵臓そのものや周囲の臓器を消化して炎症を起こす病気

急性膵炎とは、膵臓から分泌される膵液に含まれる消化酵素が、膵臓そのものや周囲の臓器を消化して炎症を起こしてしまうものです。通常、これらの消化酵素は、膵臓内ではなく十二指腸に届いてから活性化して消化機能を発揮します。
しかし、急性膵炎では、何らかの原因によって膵液が膵臓内にあるうちから活発になりすぎて、膵臓の自己融解を引き起こしてしまいます。

急性膵炎

原因として多いのが暴飲暴食で、アルコールや胆石症が関係しているケースも多く見られます。胆道の出口が閉塞されて胆汁が膵管に逆流したような時に起こります。

急性膵炎の症状
腹痛がありますが、とくに上腹部に激しい痛みがあります。その痛みは炎症を起こしている間はずっと持続し、腹部から背中のほうへと広がり、ときには左右のほうにも感じることがあります。そして38度台の高熱がみられ、吐き気や嘔吐をともなうことがほとんどです。

またおなかが張ってきたり、皮膚の色が黄色くなってくることもあります。さらにひどくなると、血圧が下がってショックを生じ、精神不安定、幻覚などの精神障害も現れます。そのほか肺合併症を起こし、呼吸不全となることもあります。

急性膵炎の治療
絶食し、点滴で栄養補給しながら安静を保ち、感染予防のために抗菌薬を服用します。
胆石症の場合は、結石を除去する手術を行ないます。治癒後も過度の飲酒は避けるようにし、タンパク分解酵素阻害剤も服用します。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.