気になる病気と症状辞典

原因となる病気の症状に付随して色々な症状が出ますが、激しい腹痛が一般的

腹膜炎とは、腹腔と腹部の臓器を覆っている腹膜に何らかの原因で細菌が感染し、炎症を起こす病気です。突発的に発症し、急速に症状が悪化する急性腹膜炎と、慢性的に症状が進行する慢性腹膜炎があります。

激しい腹痛が主症状です

急性腹膜炎
原因は、最も多いのが細菌による感染で、代表的なものが急性虫垂炎の穿孔(あながあくこと)です。
胃潰瘍十二指腸潰瘍の穿孔、胃がんの穿孔、胆嚢炎の穿孔も比較的多くみられます。子供の肺炎などに続いて起こる肺炎球菌性腹膜炎のほか、子宮内膜炎によって起こる骨盤腹膜炎などもあります。

原因となる病気の症状に付随して色々な症状が出ますが、激しい腹痛が一般的です。胃かいようの穿孔では突発的に腹痛が起こり、虫垂炎や胆嚢炎の穿孔では今まであった腹痛が急に強まります。
腹痛以外の自覚症状としては、嘔吐や冷や汗、細菌による敗血症からくるショック状態、麻痺性腸閉塞による腹部膨満、呼吸障害などがあります。

急性腹膜炎の治療は、開腹して病巣を切除し、腹腔内にたまっている膿を取り除く手術が行われます。同時に炎症の原因となっている細菌を死滅させるために抗菌薬を服用し、点滴による栄養補給などを行ないます。

慢性腹膜炎
結核や腹腔内のがんなど、病気に伴って発症する腹膜炎です。がんの場合は腹膜にがんが転移します。結核性のものは進行すると微熱や腹痛、消化障害、腹水などが現れます。がん性のものは腹膜に腫瘤が転移して起こりますが、腹水もたまり、吐き気や嘔吐、便秘、発熱や全身の衰弱がみられます。

慢性腹膜炎の治療では、原因疾患の治療と並行して、抗菌薬を服用しますが、腸管の通過障害などの症状が改善されない場合は、手術が行われます。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.