気になる病気と症状辞典

理容・美容師、調理師など立ち仕事の方に多い下肢静脈瘤

下肢の静脈内で血液が逆流して血液の流れが滞り(うっ血)、足の血管が浮き上がって、痛みや重圧感を覚えます。放置しておくと湿疹ができて、それが潰瘍へ移行することもあります。
血栓ができて肺梗塞を起こし、「エコノミー症候群」といわれ、死に至ることもあります。

初期には足の突っ張りが感じられます

下肢静脈瘤の原因
先天的に静脈の壁が弱い人や、理容・美容師、調理師など、長時間立ったままの仕事の人は、立っている間に下肢の静脈に集まった地の圧力に耐えられずに、下肢の血管が膨らんでしまいます。
また、妊娠することによって拡張した子宮が静脈を圧迫して起きることがあります。

下肢静脈瘤の症状
軽いうちは足がだるかったり、突っ張る感じがします。全身症状がないので放置すると、たっている間に確実に静脈瘤が現れるようになります。寝たまま足を高く上げるとほとんど消えてしまいますが、立つとまた膨らんできます。
長い期間で悪化すると、皮膚の一部が褐色になる色素沈着や発生した湿疹が潰瘍に変わることもあります。

最も危険な合併症は、静脈瘤の中に発生した血栓が肺動脈に入って、肺動脈を詰まらせて肺塞栓を起こす場合です。この血栓が溶けないと、肺へ血液が流れなくなり生命に関わります。

下肢静脈瘤の治療
立ち仕事など仕事と関係がある場合には、弾性包帯を足の指のつけ根から膝の部位まで巻き、就寝時にとると効果があらわれます。女性の場合は薬局で売っている弾性ストッキングでもよいでしょう。
静脈炎や湿疹、潰瘍あるいは静脈瘤からの出血がある場合は、手術が必要となります。

血液のうっ滞を防ぐには、足を心臓より高く上げて休憩すると効果的です。
また、足をしっかり上げて歩くことも有効です。下肢の筋肉を動かしているほうが、静脈の血流が改善されるからです。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.