気になる病気と症状辞典

貧血とは逆に赤血球数が異常に多くなる病気

多血症(赤血球増多症)とは、貧血とは逆に赤血球数が異常に多くなる病気です。頭痛や皮膚のかゆみ、顔面紅潮、結膜の充血などのほかに、血栓ができやすくなり、血管をふさいで、脳梗塞心筋梗塞を起こすこともあります。

増えた赤血球が重なり合っています。

多血症にはいくつかの種類があり、血液の腫瘍性(がんのように細胞が増え続けること)の病気である「真性多血症」、慢性の肺の病気や先天性の心臓疾患などの原因となる病気があり、そのために赤血球が増えてしまう「続発性多血症」、本当は赤血球が増えていないのに増えているように見える「相対的多血症」に分けられます。

多血症の治療
真性の場合は血を抜き取って(瀉血:しゃけつ)、赤血球の量を調整します。同時に、骨髄機能を抑制する薬を用いた化学療法を行ないます。
続発性の場合は原因疾患の治療を優先して行ないますが、血液の粘性が高まって血栓傾向がみられる場合は、緊急的に瀉血を行ないます。
相対的多血症は、肥満高血圧高尿酸血症などの危険因子が除かれると改善します。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.