気になる病気と症状辞典

副腎皮質ホルモンの生成や分泌が行われなくなる病気

アジソン病とは、副腎結核や自己免疫などのために副腎皮質が破壊され、身体の代謝機能調節に欠かせないコルチゾールやアルドステロン、デヒドロエピアンドロステロンなどの副腎皮質ホルモンの分泌低下が慢性的に起こる病気です。厚生労働省による難病の指定(特定疾患)を受けています。

倦怠感や疲労が現れます

アジソン病の症状
脱力感、疲労、低血圧のほか、食欲低下や腹痛などの症状もみられます。また、皮膚に色素沈着が生じるのが特徴で、日光にあたる顔面や手の甲、摩擦する部分や圧迫される部分に黒ずんだ斑点などが現れます。
自己免疫が関係する特発性アジソン病の場合、甲状腺疾患や糖尿病、貧血、真菌症などを合併することが多く、これらの症状が現れることもあります。

女性では体毛が減少したり、無月経になることもあります。適切な治療を行なわないと症状が悪化し、副腎クリーゼにおちいることもあります。

アジソン病の治療
一度破壊された副腎は再生しません。そこで、不足しているコルチゾールを補うため、コルチゾール作用のある糖質コルチコイドによる補充療法を生涯にわたって続けることになります。
ナトリウムとカリウムの正常な排泄を回復するために、ほとんどの場合でフルドロコルチゾンを毎日服用することも必要になります。
治療は一生続けなければなりませんが、経過の見通しは良好です。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.