気になる病気と症状辞典

前立腺の中を通る尿道を圧迫して、排尿時にさまざまな困難が生じる病気

前立腺肥大症とは、前立腺の内側にある尿道周囲腺が増殖して肥大し、前立腺の中を通る尿道を圧迫して、排尿時にさまざまな困難が生じる病気です。
加齢によるホルモンのバランスが崩れることが原因で、65歳以上のほとんどの男性は前立腺が肥大化しており、40%前後の人に前立腺肥大症の症状がみられます。

右側の写真では前立腺の肥大が確認できます

前立腺肥大症の症状
はじめは、おなかに力を込めないと尿が出ない、出ても細くて勢いがない、尿が出終わるまでに時間がかかるといった軽い排尿困難が現れます。また、肥大した内腺が尿道を刺激するため、夜間の排尿回数が多くなります。
その後、次第に排尿困難が強まり、残尿といって排尿後も膀胱に尿が残るようになります。

またこの時期にアルコールをとり過ぎたり、長時間座り続けたりすると突然、排尿が完全に止まってしまうことがあります。そして病気がさらに進行すると、残尿の量が増加して膀胱が拡張し、腎機能の低下と尿毒症の症状が現れます。

前立腺肥大症の治療
症状が軽ければ治療の必要はありません。生活上の注意として、便秘があれば改善し、過度の飲酒、激しい運動、長時間の座位の仕事を避けましょう。

初期であれば、前立腺や尿道に作用して排尿をよくする薬で治療します。前立腺を縮小させるホルモン剤を使う場合もあります。
排尿困難で日常生活に支障をきたしたり、腎臓機能が低下した場合には、肥大した前立腺を切除する手術が必要となります。

最良の方法は経尿道的切除術で、これは尿道から切除鏡を入れて、前立腺を見ながら肥大部分を高周波電流を通した電気メスで切り取ります。痛みがなく、出血も少ないので、合併症がある場合でもうけれられます。
大きな肥大症には開腹手術を行ないます。最近はレーザー光線や超音波を利用する方法も採られています。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.