気になる病気と症状辞典

四肢の細い動脈に炎症が起き、血栓ができて、内腔をふさいでしまう病気

バージャー病とは、四肢の細い動脈に炎症が起き、そこに血栓ができて、内腔がふさがってしまう病気です。血流が滞るため、皮膚が冷たく、白くなり、しびれなどをともないます。
20〜40歳代の喫煙習慣のある男性にみられる病気で、厚生労働省による難病指定(特定疾患)を受けています。原因は不明ですが、たばこの影響で血管壁が傷害されていることや、免疫異常によって血管が炎症を起こしていると考えられています。

治療に際しては、禁煙は絶対です

バージャー病の症状
手足の先が血流不全になって冷たく白くなります。歩いているときにしびれるような痛みが生じて、休むと治まります。ほとんどの場合、ふくらはぎのあたりの血管が炎症を起こし、そのあたりの皮膚が赤く筋状に腫れ、その腫れはところどころに現れては消えます。

動脈の閉塞がひどくなると、安静にしていても痛みが出て、完全に閉塞すると足の指から腐り始めて変色して壊疽が起きます。そうなると指は、夜も寝られないほど痛みます。

バージャー病の治療
喫煙者は禁煙が絶対です。この病気の発症や増悪と喫煙は密接に関係しており、 喫煙を継続してはどんな治療も無効です。血液障害を改善して血栓の進展を予防するために、血管拡張剤や抗凝固剤などの薬剤を投用います。

進行している場合には、薬物療法に加えて、高圧酸素療法を行って局所に高濃度の酸素を供給したり、交感神経節ブロックや、血流の詰まった部分を迂回するバイパスを作る手術を行なうこともあります。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.