気になる病気と症状辞典

網膜の中心にある黄斑部という部分にある視細胞の機能が低下してしまう病気

黄斑変性症とは、視力が低下して、ものゆがんで見えたり、視野の中心部分が暗く見えたりする病気です。進行すると中心部は全く見えなくなってしまいます。先天性のものと老化によるものに分かれますが、老化によるものは加齢黄斑変性症と呼ばれるもので、黄斑部の網膜の下の脈絡膜から血管が出てきて、ときに出血します。

黄斑変性症

黄斑変性症の原因
網膜の中心部は黄斑とよばれ、ものを見るときに最も大切な働きをします。この黄斑の働きによって私達は良い視力を維持したり、色の判別を行ったりします。

黄斑変性症は、網膜の中央にある黄斑部の視細胞が機能低下を起こすものです。萎縮方と血管新生型に大別できます。症例として多いのは萎縮型で、このタイプは、網膜色素上皮細胞が衰えて萎縮し、さらに老廃物がたまってその部分を傷つけることで生じるものです。

血管新生型は、脈絡膜から発生した余分な血管(新生血管)が、網膜の下で出血し、浮腫などを起こすもので、思い視力障害の原因になります。

黄斑変性症の治療
眼底検査を行なって病気のタイプを特定します。ただし、萎縮型には決定的な治療法がないのが現状です。新生血管が中心窩外にあればレーザー光凝固をおこないます。
中心窩にとても近い場合には新生血管を抜去する方法もあります。中心窩に及んでいる場合には、最近は光線力学的療法が行われます。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.