気になる病気と症状辞典

血圧に押された血管がこぶのように膨れてる状態

動脈硬化などの影響で、動脈の中膜の一部が脆弱になっているところへ、強い血圧がかかると、そこがこぶのように膨らみます。こうしたこぶは大動脈にできやすく、大動脈瘤と呼ばれています。

腹部にできた大動脈瘤です

大動脈瘤は放置すると、風船のように膨れて表面が薄くなり、破裂しやすくなります。通常、動脈瘤があってもほとんど無症状ですが、破裂すると大出血を起こし、生命に関わる危険性があります。大動脈瘤にはその場所により、胸部大動脈瘤と腹部大動脈瘤に分類できます。

胸部大動脈瘤
先天性の大動脈壁の変性や、動脈硬化あるいは胸部の外傷や動脈壁の炎症が原因となります。
初期のうちは自覚症状はありませんが、動脈瘤が大きくなってほかの器官を圧迫すると、さまざまな症状が出てきます。声帯の神経が押されると声がかれ、気管支が押されると咳や痰が出ます。
胸部大動脈瘤が破裂した場合は、激しい胸の痛みや呼吸困難、喀血、血痰などが起きて、血圧が低下してショック状態になります。

自覚症状のない間は様子を見ますが、ほかの器官を圧迫して新たな症状が出るようになったり、こぶが6cm以上に拡大すれば、動脈瘤ができている動脈を切除する手術を行ないます。

腹部大動脈瘤
腹部の大動脈にできた動脈瘤で、動脈硬化が原因の場合が増えています。初期は痛みや咳などの自覚症状こそありませんが、こぶが大きくなってほかの器官を圧迫すると腰椎を圧迫し、腰痛が起きます。胸部の場合と同様に、大きさが6cm以上になれば破裂の危険性が高まりますので、手術を行ないます。

大動脈瘤の診断
胸部大動脈瘤の有無は、胸部X線検査で調べることができます。ただし、心臓の影の裏に動脈瘤がある場合には見逃されることがあるので、正面と側面から胸部X線写真をとることによって、胸部大動脈の拡大の有無をチェックします。
さらに、胸部大動脈の正確な径を知るために、胸部CT検査が行われます。

腹部大動脈瘤の有無は、腹部超音波検査や腹部CT検査によって知ることができます。
健診で腹部超音波検査を行う場合、肝臓や胆嚢は調べても腹部大動脈は調べないことがあるので、腹部大動脈瘤が見逃されることがあります。腹部超音波検査の時には、腹部大動脈も診てもらう必要があります。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.