気になる病気と症状辞典

男性に比べて尿道の短い女性に多く発症する膀胱炎

膀胱炎とは、大腸菌などの細菌が尿道から膀胱に入り込み、炎症を起こす病気です。
男性に比べて尿道の短い女性に多く発症し、月経後や排尿を我慢したときに起こりがちです。過労や風邪、生理、妊娠などで抵抗力が落ちている場合も感染を誘発します。
男性の場合は前立腺炎が原因となることが多いです。

膀胱炎は女性に多く発症します

膀胱炎の症状
頻尿、排尿時の痛みと灼熱感、尿の濁りが代表的な症状です。急性の場合は症状の現れ方がきわめてはっきりしているのに対し、慢性の場合は症状が軽く、その進み方も遅いのが特徴です。
また、発熱を起こす場合がありますが、そのほとんどは微熱で、高熱が出るのは腎盂腎炎を併発していると考えられます。
女性の慢性膀胱炎で多い尿道膀胱炎では、尿がにごることはほとんどなく、頻尿や排尿時の痛みが長時間続きます。

膀胱炎の治療
治療には原因菌に有効な抗生物質を用います。膀胱炎だけなら抗生物質の服用で数日中に治ります。症状が長引く場合は、他の病気が隠れていることがあります。発熱をともなうときは腎盂腎炎の合併が疑われます。そのような場合には再受診する必要があります。

多量の水分を摂取することが膀胱炎の予防に役立ちます。尿が勢いよく流れることにより、多くの細菌が膀胱から押し出されます。残りの菌は体の自然の防衛機能によって取り除かれます。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.