気になる病気と症状辞典

自覚症状が少ないため、気付いたときにはかなり進行していることも

卵巣がんとは、卵巣に発生する悪性腫瘍で、女性性器のがんでは子宮がんに次いで多くみられます。ホルモンを分泌する卵巣には良性や悪性あるいはその中間と、色々な腫瘍が発生します。

超音波での診断画像

卵巣がんの発生は更年期前後が最も多いのですが、患者は若い人から高齢者まで幅広くなっています。卵巣がんはかなり進行しないと自覚症状が現れず、70%近くの患者は転移した状態ではじめて病院を訪れます。

卵巣がんの症状
初期には自覚症状がないものの、かなり進行してくると腫瘍も大きくなっているので、腹部が膨隆したり吐き気などが現れます。このころになると腹部を押さえると腫瘍に触れることもあります。
また大きくなった腫瘍に膀胱が圧迫されるため、頻尿になることもあります。

卵巣がんの診断
下腹部に圧迫感がある場合は診察で、腫瘍の有無、卵巣の腫瘍か子宮筋腫かはある程度わかります。診察で腫瘍が疑われる場合は、経膣・経腹超音波検査、CT、MRIなどの画像診断によって、子宮の腫瘍か、卵巣腫瘍か、腫瘍の内部の構造、転移の有無などを詳しく調べます。検査によって良性か悪性かを推定することができます。

卵巣がんの治療
手術で卵巣がんを摘出しますが、卵巣がんは反対側の卵巣や子宮に転移していることがあるので、同時にこれらの臓器も摘出します。また、卵巣がんは腹部の奥深いリンパ節へも転移することがあるので、これらのリンパ節も摘出する傾向があります。
ただし、ごく早期のがんの場合に限って、年齢が若く、将来妊娠を希望する人では、子宮や反対側の卵巣を残す場合もあります。

卵巣がんは腹腔内に広がりやすいため、手術を行なっても目に見えないがん細胞が残っていることがあるので、手術後に抗がん剤を主体とした薬物療法を行ないます。

また、手術で開腹しても卵巣がんを取りきれないときは、組織型とを確認するための小さな組織を採取するにとどめて、いったんはおなかを閉じ、その後、抗がん剤を何回か投与して、がんを小さくしてから再手術を行なうこともあります。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.