気になる病気と症状辞典

毎年約6万人が罹患し、近い将来胃がんを抜くとの予測もあります

大腸にできるがんには結腸がんと直腸がんがあります。肺がんと並んで、増加傾向が著しいがんです。毎年約6万人が罹患し、近い将来胃がんを抜くとの予測もあります。
盲腸や上行結腸など、直腸から遠い部位に起きるがんは症状が現れにくく、発見が後れる傾向にあります。

がん発生の直接の原因は不明ですが、食物繊維が少なく、動物性脂肪の多い欧米風の食事が大腸がんの発生と関連があると考えられています。

大腸がんの写真

大腸がんの症状
大腸がん特有の症状はありませんが、血便や残便感、腹痛、便が細くなるなどの症状がよくみられます。これらの症状はS状結腸や直腸にがんができた場合にみられやすく、中でも血便の頻度が高くなっています。

結腸がんの場合は、腹痛、下痢などの症状から、慢性腸炎や潰瘍性大腸炎、結腸憩室炎などと間違えられることがあります。直腸がんの場合は、肛門からの出血を痔と間違えて受診が遅れることがありますので注意しましょう。

大腸がんの診断
スクリーニング検査として便潜血反応を行ないます。排便時の出血や便通異常がある場合には、血液検査で貧血がないかどうか、また腹部のX線検査でガスの分布の状態を調べます。直腸がんでは肛門から指を入れて触る直腸指診だけで診断できることもあります。

確定診断をするためには、造影剤を利用してX線写真を撮る注腸X線検査と、肛門から内視鏡を挿入して直接大腸の内腔を観察する大腸内視鏡検査が必要となります。
内視鏡検査で異常が確認できれば、その場で組織の一部を採取して顕微鏡で悪性かどうかを調べる(生検)ことができます。ポリープやごく早期のがんであれば内視鏡で簡単に治療が可能で、診断と治療を同時に行うことも可能です。

大腸がんの治療
原則として、外科的にがん細胞を除去します。早期がんの場合は、内視鏡下での切除術が選択されることもあります。進行したがん、転移した癌の倍は、それぞれの状態に応じて切除範囲を決め、腹腔鏡下切除術や開腹手術を行ないます。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.