気になる病気と症状辞典

胆管内にがんができると内腔が狭くなり、閉塞性黄疸を引き起こします

肝臓から分泌された胆汁は十二指腸に送られますが、肝臓から十二指腸までの胆汁が通る道を胆管といいます。胆管がんは肝臓から十二指腸までの胆管のどこにでもできるもので、特に中高年の男性に多く発症します。原因は不明ですが、胆汁のうっ滞や炎症が、がんの発生を促すと考えられています。

胆管がんの症状
胆管というのは細い管ですから、ここにがんができると、胆汁の流れが妨げられるために、早くから黄疸が現れます。そのほか、右脇腹の違和感や痛み、発熱、下血(黒い便が出る)などもみられます。
食欲不振になり、体重減少や倦怠感が現れる場合もあります。また、胆汁が腸内に届かなくなるために、便の色が白っぽくなります。

胆管がんの診断
腹部超音波検査で、小さながんや早期のがんもかなり発見できるようになりました。
閉塞による黄疸などがある場合は、内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)や経皮経肝胆道造影(PTC)でがんによる閉塞の状況を詳しく調べたり、腫瘍の一部を採取して調べることもあります。

また、MRCPという造影剤を使わないMRI(磁気共鳴影像法)検査をコンピュータで画像処理すると、胆道系が立体的に写し出され、確実な診断に役に立ちます。

胆管がんの治療
まず、黄疸を減少させてから病巣を切除します。胆管、胃、十二指腸、膵臓の一部を含めて切除する手術が行われますが、早期のものには胃を温存した方法がとられます。
切除する手術ができない場合には、黄疸を取るだけの手術が施されます。
また、進行して手術ができない場合には、減黄を施したうえで放射線療法や抗悪性腫瘍薬による治療が行なわれることもありますが、一般的に予後は芳しくありません。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.