気になる病気と症状辞典

肺の一部また全部の肺胞内の空気がなくなってしまう状態

無気肺とは、気管支や肺がさまざまな原因で閉塞したり圧迫されたりして、肺全体または一部の空気が極端に減少したり、全く空気が入っていない部分ができる状態をいいます。
気管支の場合は、気管支の内腔が異物や腫瘍、炎症、あるいは痰などの分泌物によって閉塞することにより、それより先の肺胞などに空気が入らなくなります。

無気肺

また、肺線維症や放射線肺臓炎、あるいは肺水腫や自然気胸で肺が行動に収縮したときにも発症します。そのほかの原因では、胸膜炎、心臓肥大、大動脈瘤など、肺が圧迫されて起こるものなどがあります。

無気肺の症状
咳と痰は共通の症状ですが、原因や病気の程度によって、現れる症状は異なってきます。
閉塞部分が広範囲で急激な場合は胸部圧迫感、胸痛、呼吸困難などが現れます。重症の場合は、ショックで生命が危険になることもあります。
逆に閉塞部分が狭くて発症が緩やかな場合は無症状のこともあります。また、症状が出ても咳や痰が中心で、呼吸困難や共通などはない場合が多いです。

無気肺の診断
胸部X線検査、胸部CT検査によって無気肺となった部位の診断が可能です。気管支内視鏡によって気道内の病変の様子を評価します。

無気肺の治療
原因となっている病気がある場合は、その治療を行ない、気管支をふさいでいる異物や痰があればそれを取り除きます。無気肺が慢性化している場合は、肺炎などを起こしやすいため、抗菌薬を服用します。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.