気になる病気と症状辞典

虫垂炎は早く入院して切除手術を受けることが大切

俗に「盲腸炎」の名で知られています。小腸からは大腸へ変わる部分にある盲腸の先端からは、虫垂という尻尾のような管が出ています。虫垂の先は閉じており、特別な機能はありません。この虫垂に炎症が起こるのが虫垂炎で、10代後半〜20代ぐらいの人に多くみられます。

虫垂炎

炎症の原因は虫垂への腸内細菌などの感染で、乱れた食生活や過労、風邪、便秘などが引き金となります。虫垂炎そのものは深刻な病気ではなく、手術も肝胆です。しかし、虫垂が破裂したり、ほかの組織と癒着すると、急性腹膜炎腸閉塞など危険な合併症を起こします。

虫垂炎の症状
特徴的な症状は腹痛で、はじめのうちは上腹部または腹部全体にわたる痛みを覚え、時間がたつにつれ、その痛みが右下腹部へ集中してきます。それに前後して、吐き気や嘔吐などもあらわれます。
これらの症状は時間の経過とともに、強まったり弱まったりしながら次第に強くなり、何らかの処置を施さない限りやむことはありません。38度前後の発熱、食欲不振、下痢または便秘などの症状もみられます。

治癒が遅れると、虫垂が周囲の臓器と癒着してしまったり、虫垂が破れて内容物が腹腔内へ流れ出し、急性腹膜炎を引き起こすこともあります。腹膜炎の段階へ至った場合には嘔吐がいっそう激しくなり、痛みの範囲が拡大して腹部が硬くなってきます。

虫垂炎の治療
なるべく早く入院して切除手術を受けることが大切です。ただ、症状によっては手術をせずに抗生物質などで保存療法をすることもあります。もし急性腹膜炎などを合併すれば、手術が困難になるだけではなく、生命に危険が及ぶこともあります。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.