気になる病気と症状辞典

マイコプラズマやクラミジアなどの細菌感染で炎症が慢性化した状態

慢性前立腺炎とは、前立腺の炎症が慢性化している状態です。原因としては、マイコプラズマやクラミジアなどの細菌感染が代表的ですが、長時間の座り仕事をする男性に多く、骨盤内の血流障害も一因としてあげられます。症状が持続し、なかなかよくならないのが特徴です。

慢性前立腺炎

慢性前立腺炎の症状
尿道や下腹部の不快感、頻尿、排尿時の痛み、残尿感など急性前立腺炎の場合と同じですが、症状は比較的軽く、自覚症状がないこともあります。

慢性前立腺炎の治療
尿検査、直腸診(肛門に指を挿入して前立腺を診察)、採血を行なって原因を特定します。前立腺のマッサージを行なって、分泌腺内にたまっている膿性分泌物を排出させて、細菌によるものかどうかを確認することもあります。

細菌性であれば抗生物質(ガチフロなど)を内服します。非細菌性の場合も細菌が潜在している可能性があるので、同様に抗生物質を服用して経過を観察します。前立腺は抗生物質が届きにくい部位なので、治療には時間を要することがあります。また、便秘は症状を悪化させるので、整腸に留意することも大切です。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.