気になる病気と症状辞典

赤血球や骨髄の異常ではなく、別の疾患が原因で、二次性に起こる貧血

続発性貧血(二次性貧血)とは、骨髄や赤血球の異常ではなく、各種の病気が原因となって起こる貧血のことをいいます。病気としては慢性腎炎や慢性腎不全などの腎臓病、妊娠、結核などの慢性感染症、慢性炎症疾患、膠原病、内分泌疾患、がんなどの悪性腫瘍、肝硬変などの肝臓病や脾臓の病気、慢性関節リウマチなどのリウマチ性の病気があげられます。

二次性貧血

続発性貧血の症状
全身倦怠感や動悸、息切れなどの一般的な貧血症状が現れますが、その貧血を起こす原因となる病気の症状が目立つわりには貧血の症状は軽いとされています。

続発性貧血の治療
基礎疾患の治療を優先しますが、鉄欠乏性貧血を合併しているときは、鉄剤による治療も行ないます。腎不全をともなう貧血は、赤血球の産生を促進するホルモン(エリスロポエチン)の分泌減少が原因になるため、エリスロポエチンによる治療が必要です。
また、内分泌が原因の場合は、不足しているホルモンを補充する治療を行ないます。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.