気になる病気と症状辞典

睡眠中に頻繁に呼吸が止まり、目が覚めるて深刻な寝不足となります

睡眠時無呼吸症候群とは、一晩の睡眠中に10秒間以上の無呼吸状態が30回以上起こるか、睡眠1時間中に無呼吸数あるいは低呼吸数が5回以上起こる場合をいいます。とくに肥満の男性に多く、大きないびきをかくのが特徴です。

日中に強い眠気を引き起こします

肥満や耳鼻科の病気によって、睡眠中にのどが詰まってしまう閉塞型と、老人などで呼吸中枢のはたらきが低下するために呼吸が止まる中枢形、これらの混合型に分けられます。
このうち、肥満によって閉塞性無呼吸を起こすものをピックウィック症候群といいます。

睡眠時無呼吸症候群の症状
睡眠中に頻繁に呼吸が止まり、そのたびに目が覚めるので、不眠となります。そのため日中に強い眠気を訴えることがあります。また、呼吸停止が多くなると、高血圧や心臓肥大などの重大な症状を起こします。

睡眠時無呼吸症候群の診断
診断の確定には、「呼吸状態」と「睡眠状態」を調べる睡眠ポリグラフ検査が必要となります。
鼻と口の気流、気管音などの測定に加えて、体位センサーや胸部バンド、腹部バンドという帯状のセンサーをつけ、寝ているときの姿勢、胸やおなかの運動を調べ、呼吸状態を検査します。

また、心電図や脳波、眼球運動、筋電図によって、眠りの深さや質を調べます。
足の筋肉の動きを測定する下肢筋電図では、足の関節やひざの間などのムズムズした感覚で睡眠が妨げられる「ムズムズ足症候群」などの可能性を探ります。

睡眠時無呼吸症候群の治療
原因となった肥満や耳鼻科の病気の治療が第一です。また、呼吸を補助する装置を使うこともあります。例えば、症状が軽い場合は、口にはめ込むと気道が広がる仕組みのマウスピースを就寝時に装着し、気道の通りをよくします。また、重症の場合は、頭に固定するタイプの鼻マスクを用いて、人工呼吸を施します。

不眠だからといって睡眠薬を使ってはいけません。睡眠薬の呼吸抑制作用や筋弛緩作用によってさらに症状が悪化する恐れがあります。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.