気になる病気と症状辞典

口から肛門まで前消化管に起こり得る、原因不明の慢性炎症性疾患

クローン病とは、口腔から胃や腸までの全ての消火器に潰瘍や線維化を引き起こす病気で、厚生労働省による難病(特定疾患)の指定を受けています。
腸壁の深いところまで侵食していくのが特徴で、栄養の吸収に障害が起こります。原因ははっきりわかっていませんがウイルスや細菌、あるいは遺伝や免疫によるものではないかと考えられており、完治が困難な病気です。潰瘍性大腸炎と同様に、20歳代の若者に多く発症します。

クローン病

クローン病の症状
慢性の下痢や腹痛、発熱、貧血、便にともなう出血、腹部のしこりなどで、徐々にひどくなります。また痔ろうをともなうことが多いのも、特徴のひとつです。症状が進むと腸閉塞などを起こすこともあります。

クローン病の検査
一般的な血液検査や便検査、さらに注腸X線検査、下部消化管内視鏡(大腸ファイバースコープ)検査を行ないます。診断技術が進歩しているので、これだけでほとんど診断がつきます。
また、大腸ファイバースコープを通じて疑わしい組織を採取することにより、潰瘍性大腸炎や悪性腫瘍との鑑別が可能です。

クローン病の治療
根治療法はなく、脂肪分を避け、高カロリー、高タンパク、ビタミンの多い食事を心がける食事療法が主となります。副腎皮質ホルモン剤や免疫抑制剤などを服用する薬物療法を併せて行ないます。
最近は高カロリーの点滴療法や、エレメンタルダイエットという、必要な栄養は補ってほとんど便にならない特殊な栄養療法が注目されています。

腸管の狭窄や肛門部に病変が見られる場合は、手術が行われます。手術療法は、正常な部分を含めて病巣と思われる部分を十分に切除しますが、最近はなるべく直腸を残して人工肛門を避ける方法がとられています。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.