気になる病気と症状辞典

緑内障にかかると失った視神経を回復させることは不可能

緑内障とは、眼球の内圧(眼圧)が異常に高くなるか、その眼に適当な眼圧以上の値になって、視神経が圧迫されて障害を起こし、視野が狭くなったり、視力が低下してくる病気です。
緑内障には急性と慢性があります。多くは慢性で40歳以上の17人に1人が緑内障という調査結果があります。症状が徐々に進行することに加え、普段は両目でものを見えているために、片目の視野に60%の欠損がみられて初めて緑内障に気がつく人もいるほどです。
急性の場合は、頭痛や眼痛、視力の低下、吐き気などが急激に現れ、すぐに手術をしないと失明する恐れがあります。

視野の欠損が起こります

緑内障の原因
大きく分けて、原発性、続発性、先天性があります。
最も多いのは、慢性で原発性の緑内障で、眼圧を一定に保っている房水という液体の流れが妨げられ、眼圧が高くなったために、視神経が圧迫されて起こります。
続発性の緑内障は、ぶどう膜炎などの目の病気が原因で、房水の流れが障害されて起こります。
先天性の緑内障は、房水が目の外へ排出される隅角という場所に生まれつきの形体異常があって起こります。

急性の緑内障は、隅角がふさがって房水の流れが妨げられることが原因で起こります(閉塞隅角緑内障)。また近年、眼圧は正常なのに視神経が障害される正常眼圧緑内障が多いことがわかってきました。家族に緑内障患者がいる人、高血圧・糖尿病がある人に起こる確率が高いとされています。

緑内障の診断
眼圧検査や眼底検査、視野検査などが行われます。ただし、急性緑内障は自覚症状や目の充血、角膜の濁りなどから容易に診断できます。慢性緑内障は視野の精密検査をするとともに、時間を変えて何度も眼圧を検査して、1日の変動を把握することが必要となります。

緑内障の治療
急性緑内障は、点眼薬や注射、内服薬などを用いて眼圧を下げてから、房水の流れをよくするためのレーザー治療を行ないます。慢性緑内障の場合は、点眼薬とレーザーや手術で眼圧を下げるようにします。

緑内障にかかると失った視神経を回復させることは不可能です。治療は眼圧を正常範囲に下げることで、視野欠損を最小限にとどめることを主に考えます。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.