気になる病気と症状辞典

精神的な緊張から過換気となり、二酸化炭素が多量に排出されてしまう病気

疲労、不安、恐怖、怒りなどの精神的な緊張があると、無意識に過呼吸(呼吸のしすぎ)となり血液中の炭酸ガス濃度が低下し、血液がアルカリ性になり、発作が起こります。別名、過呼吸症候群ともいい、若い女性に多くみられる心身症です。

心因性の場合はカウンセリングも必要です

過換気症候群の症状
まず不安感や息苦しさ、動悸、めまいなどを感じ、急に息遣いが荒くなって「ハーハー」と方で息をしたり、手足の痺れやこわばり、頭痛、吐き気、ふらつき、耳鳴りなどの諸症状が現れます。
さらにひどいときにはけいれんや意識障害を起こすこともあります。発作は30分〜1時間ぐらいでおさまります。しかし、発作がないときでも肩こりやめまい、手足の冷え感などを感じることが多いです。

過換気症候群の治療
患者の多くは、息苦しさからさらに呼吸をしようとして悪循環に陥ります。まずは、息をゆっくり浅くするようにし、小さめの空のビニール袋などを口と鼻にあてがって、吐いた息を再び吸うようにします(ペーパーバック療法)。つまり、自分が吐いた二酸化炭素を再び吸い込んで、酸素の吸入量を抑えることで呼吸が楽になってきます。

ただ、心因性の場合が多いので医師に悩みを打ち明けてよく相談し、指導を受けることも大切です。不安が強い場合は、抗不安薬などを服用することもあります。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.