気になる病気と症状辞典

アルコールが原因の脂肪肝の場合は、完全な禁酒が必要となります

脂肪肝とは、肝細胞の中に中性脂肪が大量に蓄積して腫れてしまい、その結果、肝臓が肥大して肝臓の機能に障害が発生する病気です。アルコール以外にも、肥満や内分泌疾患、薬剤なども原因となります。通常は無症状ですが、疲労感や倦怠感を覚えることもあります。

肝臓が肥大しています

脂肪肝の診断
肝機能検査では、過栄養性脂肪肝ではGPTが高くなり、アルコール性脂肪肝ではGOTが高くなりがちです。そのほか、コレステロールや中性脂肪も高値を示します。
脂肪肝の診断にはそれらの血液検査にあわせて、腹部超音波検査や腹部CT検査で肝臓への脂肪の沈着を確認することが大切です。

脂肪肝の治療
原因を取り除くことが治療の基本となります。肥満によるものは、バランスの取れた栄養と摂取エネルギーの制限、運動療法などで体重を減らします。
食事では、肝臓の機能を再生させる働きのあるタンパク質、肝臓の働きを助けるビタミンB、解毒作用のあるビタミンCを十分にとるようにこころがけましょう。

アルコールが原因の場合は、完全な禁酒が必要となります。そのまま飲み続けていると、肝硬変に移行する可能性があります。とくに女性は進行が速いので要注意です。
糖尿病によるものは、血糖コントロールを行ない、薬剤が原因の場合は、その薬の使用を中止します。

脂肪肝は、急性妊娠脂肪肝とライ症候群を除いては、重症化することは稀です。また、アルコール性を除いては、肝硬変になることも稀ですので、必要以上に神経質にならずにしっかりと治療に専念しましょう。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.