気になる病気と症状辞典

骨髄の働きが低下し、赤血球や白血球などが十分に産生されなくなる

再生不良性貧血とは、骨髄の働きが低下し、赤血球をはじめ、白血球や血小板などが十分に産生されなくなる病気です。赤血球の減少によって酸素不足になり、貧血症状が生じます。
また、白血球の減少によって感染が起こったり、血小板の減少により血液が固まりにくく、出血しやすくなります。多くの場合は原因は不明ですが、薬剤や化学物質、放射線、肝炎ウイルスが原因となる二次性再生不良性貧血もあります。
なお、この病気は厚生労働省による難病(特定疾患)に指定されており、認定を受けると治療費は公費負担になります。

骨髄の細胞の様子

再生不良性貧血の症状
全身の倦怠感や息切れ、動悸などの一般的な貧血症状のほか、鼻や歯茎からの出血、過多月経などを起こしやすくなります。また、注射の後に出血がなかなか止まらないこともあります。

再生不良性貧血の診断
血球数(赤血球、白血球、血小板、網状赤血球)を調べる血液検査を行ない、汎血球減少(全ての血球が減少すること)が認められ、また骨髄穿刺と骨髄生検によって、骨髄の細胞密度が低いことが確認されれば、再生不良性貧血と診断されます。

再生不良性貧血の治療
輸血を行い、抗生物質や副腎皮質ホルモン剤、たんぱく同化ホルモン剤を使います。急激に発症した場合には、造血幹細胞移植療法が行われることもあります。
徐々に起こってこることが多く、この場合、良くなったり、悪くなったりします。出血を起こさないように注意し、根気よく治療を続ければ、普通に日常生活を送ることができます。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.