気になる病気と症状辞典

胸膜に孔(穴)があき、肺の中の空気が胸腔に漏れてしまう病気

肺の外側を覆っている臓側胸膜という膜は、肺がおさまっている胸郭(肋骨)の内側を覆っていて、壁側胸膜と呼びます。これらの膜を胸膜、膜と膜の隙間を胸膜腔といいます。
この肺の外側の臓側胸膜が破れて、肺の中の空気が胸膜腔に流れ込む病気が自然気胸です。

左の肺がしぼんでしまっています

多くは肺の中にできる気腫性嚢胞(ブラ)が破裂して、孔(あな)があくことで生じます。痩せ型の若い男性に多くみられますが、中高齢者で肺気腫や慢性閉塞性肺疾患を持った人にも発症します。

自然気胸の症状
胸痛、咳、呼吸困難が特徴的症状とされていますが、なかでも胸痛は必ず起こります。呼吸困難はしぼんだ肺の程度によってまちまちで、片肺が完全にしぼむと急激な呼吸困難がみられますが、反対側の肺が健全ならば、代償によって呼吸困難はだんだんおさまります。

自然気胸の治療
破れてできた孔が小さい場合は、安静にしていれば自然に軽快することもあります。通常は、肺から漏れた空気を抜く治療(脱気療法や胸腔ドレナージ)が用いられます。
空気の漏れが泊まらない場合や再発を繰り返すときは、胸腔鏡という内視鏡を使って、嚢胞を縫縮したり切除する手術が行われます。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.