気になる病気と症状辞典

慢性肝炎が長期化して、肝細胞が破壊され、線維化して肝臓が硬くなる病気

慢性肝炎が長期に及び、肝細胞が壊れて繊維が増え、肝臓全体が硬くなって表面は凹凸状になり、血液の流れが悪くなって肝臓の機能が低下していきます。すると本来肝臓に変えるべき血液はほかへ流れ、食道や胃の静脈瘤、痔などの病変が発生してきます。
原因は、B型やC型のウイルス性肝炎、アルコール過剰摂取、自己免疫疾患などが代表的です。

肝臓が硬くなります

肝硬変の症状
初期には全身の倦怠感、食欲不振、微熱、腹部膨満が現れます。また、手の中央部から外側が赤くなり、胸や背中に赤い斑点が出てきます。人によっては全く症状が現れない場合もあります。
進行すると黄疸や腹水、意識障害が現れ、静脈瘤から出血すると、吐血や下血が起きることもあります。

肝硬変の治療
肝臓は再生力が旺盛な臓器ですので、初期の段階でウイルスや原因となるものを排除できれば治ることがあります。しかし、ある程度進行した肝硬変になると根治は期待できませんので、症状の進行を食い止めることが治療の目的となります。

自覚症状がないあいだは普通の日常生活を送ることができますが、黄疸や腹水がみられた場合は入院が必要となります。症状によって治療法は異なりますが、肝機能を安定させる薬や肝臓の炎症を抑える薬、腹水は、利尿薬やタンパク製剤などを投与して改善をはかります。

そして、肝硬変の3大死因である肝臓がん、肝不全、食道や胃の静脈瘤を含む消化管からの出血などの合併症を予測して、早期に対応していきます。
これらの合併症の発見には、定期的な超音波検査や内視鏡検査が欠かせません。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.