気になる病気と症状辞典

大腸の粘膜に慢性の炎症が起こり、粘膜がただれて潰瘍ができる病気

潰瘍性大腸炎は、大腸、とくに直腸の粘膜がただれて、潰瘍などができるもので、クローン病とともに、炎症性腸疾患といわれるものの代表的疾患です。20歳代の若い人に多くみられ、発症には免疫異常が関係していると考えられていますが、はっきりとした原因は不明です。
厚生労働省による難病(特定疾患)の指定を受けていますので、認定された場合の治療費は公費負担となります。

大腸内視鏡で見た粘膜のただれです(重症例)

潰瘍性大腸炎の症状
粘液と血液の混じった便が出ます。下痢やしぶり腹(頻繁に便意を感じるのに少ししか便が出ない)、腹痛などがみられることもあります。症状が進むと、粘血便が一日数回以上みられ、食欲不振や倦怠感、微熱などの全身症状が起こります。ときには口内炎や関節炎、慢性の皮膚炎なども起こってきます。

一度症状がよくなったように見えても、再び悪化することが多く、それを繰り返す人もいれば、症状が治まらずに持続する人もいます。精神的ストレスがきっかけで悪化することもあります。

潰瘍性大腸炎の治療
治療は、重症の場合は入院して行います。症状が悪いときは腸管に負担をかけないように経静脈栄養の天敵などを行い、しだいにおかゆやスープなどの消化のよい食べ物へと変えていきます。
そして症状が軽いときの食事療法は、食物繊維が少ない消化のよい食べ物で、高たんぱく、高エネルギー、高ビタミン食をこころがけます。

薬物療法は、サラゾピリン剤、ペンタサと副腎皮質ステロイド剤が主に使われますが、服用の仕方が難しいので、医師によく相談してください。入院期間は重症の場合、1ヶ月以上かかることがあります。しかし症状がよくなったら1ヶ月に1回程度の通院がいいでしょう。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.