気になる病気と症状辞典

腎臓の機能が急速に低下し、尿量が大幅に減って乏尿や無尿になった状態

さまざまな原因で、それまでに正常に機能していた腎臓が急にその働きを停止した状態を急性腎不全といいます。発症率は低い病気ですが、尿がほとんど出なくなる乏尿性の症状がある場合は死亡率が高くなります。発症すれば数日でたいていは重症となってしまうので、緊急に透析療法を行なう必要があります。
慢性腎不全とは異なり、治療によってその半数は治ります。

腎臓

腎前性腎不全
熱射病や大出血、激しい下痢あるいは心不全肝硬変などによって、腎臓へ送られる血液が少なくなります。このことで腎臓の機能が低下するものです。

腎性急性腎不全
急性腎炎や急性腎盂腎炎、薬物、造影剤などにより、広範囲に尿細管が破壊されてしまった場合にこの病気がみられます。原因となる薬剤としては抗生物質、非ステロイド系抗炎症剤(痛み止め)などがその代表です。

腎後性急性腎不全
外傷や腎結石・尿管結石あるいは前立腺肥大、腫瘍などが原因で、尿管や膀胱などが圧迫されて閉塞し、腎臓から尿が通れなくなるために起こります。

急性腎不全の症状
突然、尿の量が減ったり尿が出なくなるため、血液中に老廃物がたまって食欲不振や吐き気、嘔吐などがみられます。また水分の排泄が悪く、体内に水が溜まることで心臓や肺に負担がかかり、高血圧や呼吸困難など尿毒症の症状が出てきます。

進行すると意識障害となり、痙攣を起こしたり昏睡状態に陥るなど、生命にかかわります。高カリウム血症が急に起きると心停止して死に至ることもあります。

急性腎不全の治療
腎前性腎不全は緊急に輸血や輸液を行なって、腎臓への血液の流れを回復させます。腎性急性腎不全は、原因となった薬剤などの使用を中止します。どちらも一時的に尿細管が壊死しますが、再生して2〜3週間後には尿が普段のように出るようになります。重症の場合は透析療法を行ない、全身状態を改善します。
また、塩分やタンパク質を減らした食事で腎機能の低下を防ぐ保存療法を行ないます。

腎後性急性腎不全は、腎盂や尿管にカテーテルを入れて尿を導き、体外に排出させます。症状が長引く場合は、尿の取り出し口を手術によってつくる場合もあります。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.