気になる病気と症状辞典

網膜や硝子体などに濁りがでて、眼のかすみや飛蚊症が現れます

ぶどう膜は、虹彩、毛様体、脈絡膜の総称で、虹彩と毛様体に炎症が起こるものを虹彩炎(前部ぶどう膜炎)、脈絡膜に炎症が起こる場合を脈絡膜炎(後部ぶどう膜炎)といいます。
結核、梅毒、トキソプラズマ、ウイルスなどの感染症、アレルギー、外傷、サルコイドーシス糖尿病、痛風、原田病、ベーチェット病などが原因です。
日本ではベーチェット病の眼症状としてぶどう膜炎をみる頻度が高いといわれています。症状が重いと緑内障白内障に進行して、失明する危険もあります。

サルコイドーシスの眼症状としてのぶどう膜炎

ぶどう膜炎の症状
網膜や硝子体などに濁りがでて、眼のかすみや飛蚊症(目の前に糸くずや蚊のようなものが飛んで見える状態)がでる、明かりの周囲に虹がかかったように見える、黒目のまわりが赤くなる、眼が痛むなどの症状が現れます。また、網膜剥離や視神経の炎症が起きる場合もあります。

ぶどう膜炎の治療
全身的な病気の結果として引き起こされた場合は、治療はその病気を治すことと、局所的な症状を和らげることの2本立てになるのが普通です。局所的な対処法としては、副腎皮質ステロイドなどの、抗炎症薬を点眼あるいは、内服して症状を鎮めます。

また、虹彩が炎症によって周囲の組織と癒着してしまう危険があるので、これを避けるため、アトロピンなど瞳孔を開かせる薬を点眼する処置も行います。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.