気になる病気と症状辞典

角膜の表面が単純ヘルペスウイルスなどに感染し、潰瘍ができる病気

角膜に単純ヘルペスウイルスが感染して、角膜に特徴的な樹枝状の潰瘍が生じる病気です。単純ヘルペスウイルスは、ふつうは神経内に潜伏していますが、体の抵抗力が低下したり、紫外線にあたることなどで、再発することがあります。

樹枝状潰瘍がみられます

角膜ヘルペスの症状
激しい眼の痛みやまぶしさを感じるようになって、涙が止まらなくなります。角膜表面が感染すると、表面に木の枝のような潰瘍ができて視力障害が生じます。深いところに感染すると角膜が白く濁ったりしてきます。また、虹彩炎を起こすこともあります。

角膜ヘルペスの治療
抗ウイルス剤であるIDUやアシクロビルという特効薬があります。そのほか、抗生物質やビタミンなどの点眼も行ないます。角膜に白い混濁を残すこともありますが、瞳孔中心に混濁が残ってしまった場合(円盤状角膜炎)には、視力が低下するので、角膜手術が必要になる場合もあります。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.