気になる病気と症状辞典

腎不全などで腎機能が低下して、血液中のカリウム濃度が上昇した状態

血液中のカリウム濃度が異常に上昇した状態です。腎臓でのカリウム排出を阻害する作用のある薬を使用するとカリウム排出機能が低下して発症します。
また、広範囲の火傷やケガで筋肉組織が破壊されると、細胞中のカリウムが大量放出される原因になります。副腎からアルドステロンというホルモンが分泌されなくなるアジソン病や消化管出血なども原因となります。

不整脈がみられます

高カリウム血症の症状
筋力の低下、嘔吐などの胃腸症状、知覚過敏、不整脈などの心臓の拍動の異常が起こります。血清カリウム値が7〜8mEq/lを超え、症状が重くなると危険な不整脈のために心臓停止が起きて生命にかかわります。

高カリウム血症の治療
軽度の場合はカリウムの摂取量を減らしたり、原因となる薬の使用を中止すれば改善します。重度の場合は、カリウムを吸収し便や尿とともに体外へ排泄する作用のある薬を用います。
緊急に治療が必要なときは、グルコン酸カルシウム(カルチコール)で不整脈を予防したり、重曹を投与して酸性に傾いた血液を中和します。

関連疾患:低カリウム血症


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.