気になる病気と症状辞典

血液中のカリウム濃度が低下し、からだのだるさや筋力の低下が起こる病気

体内のカリウムの98%は細胞の中にあり、血液中のカリウムはほんのわずかにすぎませんが、細胞の働きを調節するうえでとても重要です。この血液中のカリウム濃度が低下するのが低カリウム血症です。

不整脈の症状が現れます

主な原因は腎臓からのカリウム排泄量が増えて体外に多く出てしまうことですが、カリウム摂取量が減ったり、嘔吐や下痢で消化液を失ったり、腎臓病や利尿剤使用などでも尿へのカリウム排出が増えて低カリウム血症が起こります。

何らかの原因で血液がアルカリ性に傾くことや、血糖を下げるインスリンが血液中に増えることなども原因になります。また、クッシング症候群、悪性高血圧、慢性腎炎などでも起きます。

低カリウム血症の症状
筋肉の力が落ち、全身の倦怠感が現れます。腎臓が尿を濃縮する作用も阻害され、薄い尿で頻尿となってしまいます。重症の場合は呼吸筋麻痺、不整脈腸閉塞などに至ります。悪化すれば生命にかかわります。

低カリウム血症の治療
原因となっている疾患の治療を優先します。対症療法として塩化カリウムの補給も行われます。カリウムを多く含む食品をとり、さらに経口カリウム製剤の内服が加えられます。
重い低カリウム血症や経口摂取が不可能な場合には点滴により補充されます。

関連疾患:高カリウム血症


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.