気になる病気と症状辞典

ビタミンB12や葉酸が不足して、赤血球のもとになる赤芽球が赤血球に発育しない

赤血球が骨髄で作られる際にはビタミンB12や葉酸が必要となりますが、これらが不足すると、赤血球のもとになる赤芽球が赤血球に発育せず、巨大な巨赤芽球となり、正常な赤血球が減少して貧血になります。

巨赤芽球

ビタミンB12や葉酸の吸収障害や不足が原因でなるケースが大半です。ビタミンB12の吸収障害は胃炎や胃の切除術が原因で起こりやすく、他の病気でビタミンを多く使ってしまう場合には不足します。一方、葉酸の吸収障害は空腸に狭窄や吻合術跡、がんなどがあると生じやすくなります。アルコールの摂取過剰や野菜不足が葉酸の不足の原因となることもあります。

巨赤芽球性貧血の症状
全身の倦怠感や息切れ、動悸などの一般貧血症状のほかに、したが赤くなってヒリヒリとした感じがします。また、吐き気や下痢、胃液の分泌低下などが起きます。
症状がひどくなると神経障害が起こり、下肢の感覚が鈍くなって、歩行困難になります。

巨赤芽球性貧血の治療
ビタミンB12が不足していると内服ではあまり効果がないので、注射で補います。葉酸が不足していれば注射か服用で補給します。また、鉄が不足することが多いので鉄剤を使用します。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.