気になる病気と症状辞典

30歳以上の女性の20〜30%には子宮筋腫があるといわれています

子宮筋にできる良性の腫瘍のことで、卵巣ホルモンの作用が原因ではないかと考えられています。卵巣ホルモンのはたらきが盛んな20〜50歳代前半の女性にみられ、閉経後に発症することはありません。

子宮筋腫

良性の腫瘍なので、大きくなっても子宮組織を破壊したり、ほかの場所に転移することはありません。また、がんなど悪性のものに変化することもありません。
筋腫の発生場所によって、筋層内筋腫、漿膜下筋腫、粘膜下筋腫に分けられますが、いくつかの種類が合わさっていたり、子宮内膜症と合併している場合もあります。

子宮筋腫の症状
筋腫が小さい間は目立った症状はありませんが、低色素性貧血で発見されることがよくあります。筋腫の大きさがこぶし大以上になると、腹部にしこりを感じるようになり、過多月経や月経痛、出血による貧血などが現れます。

筋腫が子宮周囲の臓器を圧迫するようになると、頻尿や便秘、下腹部痛などが現れます。筋腫がかなり大きくなっても無症状の人もいます。

子宮頸がんの検査
まず問診を行ない、筋腫が疑われれば、内診と超音波検査で子宮や筋腫の大きさ、固さ、位置などを確認します。これでほぼ診断はつきますが、卵巣腫瘍などと区別がつきにくい場合や、より詳しい筋腫の状態などを調べるために、必要に応じてMRI検査やCT検査、子宮卵管造影、子宮鏡検査をおこないます。採血を行なって、貧血の有無や腫瘍マーカーを調べることもあります。

子宮筋腫の治療
必ずしもすぐに治療の必要というわけではなく、筋腫の大きさ、痛みや貧血などの症状の程度、年齢や妊娠の希望などを考慮しながら治療の有無を決めます。

手術は、子宮を全部取り出す単純子宮全摘術と、筋腫部分だけを除去して子宮を保存する筋腫核手術があり、若年層や妊娠を希望する人には後者が選択されます。入院期間は1〜2週間ですが、退院後は自宅療養が必要となります。

薬物療法では、筋腫を小さくしたり、症状を軽くするためのホルモン剤、貧血に対する鉄剤、鎮痛薬、漢方薬が使われます。ただし、薬物療法では根治は望めません。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.