気になる病気と症状辞典

咳や痰が連日続き、体を動かしたときなどに息切れを起こすようになる病気

別名「タバコ病」とも呼ばれている肺の病気で、空気の通り道である気道(気管支)や、酸素の交換を行う肺(肺胞)などに障害が生じます。長年にわたる喫煙習慣を主な原因で、患者さんの90%異常は喫煙者となっていますが、本人が吸わなくても家族にタバコを吸う方がいる場合、副流煙による「受動喫煙」でこの病気になる人も少なくありません。これは副流煙には喫煙者が吸う主流煙よりも発がん物質をはじめとする有害物質(メタン、トルエン、タール等)が含まれているためです。

COPDの胸部X線画像です

患者数は多く、40歳以上の8.5%にあたる530万人と推定されています。しかし、実際に治療を受けているのはその5%にも達しておらず、病気が十分に認識されていないのが現状です。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の症状
風邪でもないのにしつこい咳や痰が毎日出たり、階段を上がるなど、少しの動作で息切れを感じるようになります。進行すると、食事や着替えの動作でも息苦しくなります。
肺胞でのガス交換が十分に行なわれないために、酸素が少なく、二酸化炭素の多い血液が全身をめぐり、唇や爪が紫色になるチアノーゼがみられます。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療
症状の程度によって治療法も異なりますが、いずれも禁煙することから治療が始まります。気道の閉塞が軽度のうちに禁煙できれば、咳や痰の症状は改善され、息切れの悪化も遅らせることができます。

中等度の場合は、呼吸を楽にするための薬物療法(抗コリン薬、メチルキサンチンなどの気管支拡張薬の吸入、去痰薬の服用)、呼吸機能の低下がみられる場合は、現在の呼吸機能を効率的に生かすための訓練(呼吸リハビリテーション)が行われます。

呼吸不全になると酸素吸入が必要になりますが、この場合は在宅酸素療法といって、小型の酸素吸入の装置を用いることによって家庭でも行なえます。一日の酸素の吸入量を守ることが大切で、体重、体温、酸素吸入量などを記録しながら行ないます。

肺炎やインフルエンザにかかると、慢性閉塞性肺疾患は著しく悪化しますので、肺炎球菌ワクチンを5年間のサイクルで、またインフルエンザワクチンを毎年接種するとよいでしょう。


 
Copyright 2014 気になる病気と症状辞典 All Rights Reserved.